交通事故で生じるあざと後遺症の関係について

交通事故は体に受けた衝撃による直接的な障害の他、日数が経過してから出てくる後遺症も大きな問題です。後遺症は本人に自覚が無い状態で生じることもあるので、適切な対処が遅れやすくなる問題があります。また、交通事故との因果関係を立証するのが困難なのも厄介な点です。

交通事故によって起こる体の不具合を知り、後遺症への対処方法を学びましょう。

交通事故で起こる身体ダメージの詳細

交通事故で受ける衝撃は人体に大きなダメージをもたらします。一般道の制限速度である時速40キロの速さでも約6メートルの高さから落下したのと同じ衝撃を受けます。また、交通事故の衝撃は瞬発的に全身に伝わるので、場合によっては外見に目立った異常が起きないケースもあります。

しかし、事故による強い衝撃は確実に体内に伝わっているので、体の内部が大きく損傷していることも珍しくありません。特に表皮に傷が無くても血管が衝撃によって破れるとあざが出来ることがあります。内出血によって表皮の一部が変色するあざは対象の部位が腫れ上がり、触れると痛みを感じるのが普通です。

また、体内で固まった血液が再び血管に入り込んで体内を巡り、細い血管を詰まらせて大きな障害をもたらす危険もあります。交通事故で生じたあざは受けた衝撃によって大きさが変わります。また、出血量であざの色も多少は異なりますが、個人の体質によっては大量に出血してもあざが殆ど出来ないこともあります。

あざは体内に流れ出た血液が透けて見えた物で、一部の例外を除いては出血量が多くなるほど赤黒くなるのが特徴です。また、体内で出来た血液の固まりは時間が経過すると分解されるので、あざも自然に消えてなくなります。

しかし、交通事故によって出来るあざは衝撃の大きさから色が濃く、形も大型化する傾向があります。体内に出来た血液の固まりも大きくなりやすいので、自然に分解されるまで時間がかかりやすいのが普通です。

あざの大きさと後遺症の関係

体内に流れ出た血液の固まりが表皮から透けて見えるのがあざの正体ですが、交通事故から派生する後遺症の幾つかはあざを形成していた血液の固まりが原因です。表皮が傷つかずに内側の血管だけが損傷した部位は流れ出た血液が体内に留まり、周囲の神経を圧迫するほどの固まりになります。

固まりは日数が経過すると自然に分解されますが、その際に分解しきれなかった固まりのカスが血管に戻り、血液に混ざって体内を巡ります。そして、時には固まりのカスが血管に引っ掛かって詰まり、血液の流れを邪魔するようになってしまいます。

交通事故に遭ってから日数が経過して脳内出血などの症状が出た場合、まずは交通事故に原因を求めるのが賢明な判断方法です。交通事故の後遺症は出る理由は様々ですが、一部の症状はあざを形成していた血液の固まりが血管を詰まらせ、酸素の浸透を遅らせたのが原因です。

事故で生じたあざの大きさは内出血した血液の量と比例しています。内出血の量が多いほど固まった血液が血管に入って体内を流れるリスクが大きくなり、日数が経過してからの重大な健康被害に繋がりやすくなります。交通事故の後遺症が日数の経過後に起こることが多いのは血液の固まりが形成され、そして固まりが分解されて体内を巡るまでに時間がかかるためです。

あざの大きさは事故の衝撃の度合いや個人の体質など様々な要因で決まり、後遺症に見舞われるリスクにも関係します。厄介な後遺症を避けるためには目立った異常が無くても必ず医療機関で入念な検査を受けることが大切です。

交通事故の後遺症を解消させるための工夫

交通事故によって生じる後遺症は歩行障害など、生活の中で行動に制限がかかる症状が多数を占めます。わずかに違和感を覚える程度のものから自力での移動が困難になるほどの重症まで症状は多数です。交通事故の後遺症は衝撃によって身体機能が損傷したのが主な原因ですが、中にはあざを形成していた血液の固まりが血管内に入り込んで体内を巡り、一部の細い血管を塞いでしまうことでも発生します。

あざが大きくなるほど血管の詰まりが生じるリスクが増大するので、交通事故に遭った後であざが出来ているのが確認されたら速やかに病院で治療を受けるのが後遺症を未然に防ぐ効果的な方法です。参照元|弁護士法人アディーレ法律事務所 > 交通事故後遺障害

万が一、後遺症が発生した場合は身体機能を回復させるためのリハビリが重要になります。

リハビリはわざと負荷をかけることで身体機能の回復を図る方法ですが、交通事故による機能障害は体の複数の部位に損傷があることで生じることも多々あります。リハビリを行う際は必ず専門の療法士の指導を受けるのが回復を早めるための工夫です。

後遺症を解消させるためには根気強いリハビリが不可欠なので、正しい方法を厳守すると共に長く続ける意思を持つことが重要になります。

交通事故による外傷とあざが出来る部位について

交通事故は強い衝撃が瞬発的に体に伝わるので、外傷の多くは裂けたような形状になるのが一般的です。衝突した車両の形状によっては尖った部分が刃物のように体を切り付けることもあります。外傷は筋肉や骨まで達することが多く、出血も伴うので重篤化しやすいのが特徴の一つです。

あざは表皮に傷が無い一方で体内の血管が破れ、血液が流出することで形成されます。交通事故による瞬発的な衝撃は表皮に殆ど傷を付けず、血管を含む体内の器官に大きな損傷をもたらすこともあります。あざは体のどの部位にも出来ますが、顔やすねなど表皮から骨までの間が薄い部位ほど出来やすくなります。

これは血管が外部からの衝撃と骨に挟まれることで裂ける可能性が高くなるためです。

交通事故による後遺症を防ぐための体調管理について

交通事故で生じた後遺症を解消させるためのリハビリは効果が出るまで時間がかかることから、生活面で大きな負担になります。リハビリを受ける費用も嵩むことから、事故の怪我が治った後に健やかな暮らしを営むためには後遺症に見舞われないための体調管理が不可欠です。

交通事故の被害に遭ったら速やかに適切な治療を受けることが大切ですが、その他にも損傷が生じた部位を意識して動かすのも後遺症を防ぐ工夫の一つです。治療の一環で骨や筋肉を固定させると短期間で機能が低下してしまい、後遺症に見舞われるリスクが増大します。

そのため、治療を受けている最中でも出来るだけ対象の部位を動かし、機能の低下を防ぐことが重要になります。

猫が道路に飛び出してきて交通事故を起こし、後遺症が残るけがをしたら?